BLOG

髪の夏バテならぬ秋バテは注意!?

2018/08/06
ロゴ

image1 (1)

 

どうも~おはこんばんにちわ!帆足です!

昨日は筑後川の花火大会で日曜日は6時半終了!なので

今年も行って来ました!スタッフ何人かで行ったのでは今年は大人数で!!◎

毎年行ってる筑後川の花火とは違うにぎやかな花火大会になりました!

 

「秋バテ頭皮」ケアで、思いどおりの髪へ

8月の紫外線やカラーやパーマでダメージを受けた地肌や髪の毛で、

秋は夏の疲れから体調をくずしたり、肌にも疲れが出やすい季節ですが、実は頭皮も夏のダメージを引きずった状態。「最近抜け毛が増えたかも」と変化を感じる方は、夏のダメージが頭皮に蓄積した「秋バテ頭皮」になっているかもしれません。

 

「秋バテ頭皮」とは?

秋が深まるにつれて過ごしやすくなる一方で、夏の間に受けた紫外線や汗、冷房等の影響がじわじわと現れ、頭皮は疲れを抱えた状態に。この「秋バテ状態」が続くと、頭皮は乾燥が進み、新陳代謝が低下するため、健康な髪を生み出せなくなってしまいます。するとハリ・コシの低下や抜け毛、うねりが出やすくなり、扱いにくい髪に…。秋の頭皮ケアは、とても大事なんです。

 

髪の未来は頭皮が決める!?

髪は毛根から誕生するイメージがあると思いますが、髪の素である毛母細胞は実は「バルジ領域」という場所でつくられており、バルジ領域は髪の色の決定にも関わっています。また、毛根を包み込む毛包は、ゆがむとうねりの原因にもなるなど、髪の形の決定に重要な場所です。つまり、頭皮をきちんとお手入れすることは、髪の未来を決めることでもあるのです。

 

 

 

 

 

①めぐりケア まずは全身のめぐりを良くして、髪を生み出す頭皮環境を整えることが大切です。冷たい飲み物や体を冷やす夏野菜は控え、温かい飲み物や体を温める穀物を摂取して血流を良くしましょう。軽いストレッチをするのも効果的です。

②頭皮の保湿ケア 乾燥はお顔だけでなく髪にも大敵。こまめに保湿を心がけることが大切です。お風呂上りやお出かけ前、可能なら日中にも頭皮の化粧水や美容液などを積極的に活用して、頭皮の保湿ケアを習慣にしましょう。肌も髪も頭皮も常に“保湿する”ことはエイジング対策にも効果的です。

「秋バテ頭皮」ケアで、季節や年齢に負けない、思いどおりの髪へ。 髪の変化を感じている方は、頭皮をケアすることで健康な髪が育まれます。サロンでヘッドスパを受けたり、自宅でも頭皮ケアを習慣にして、美しい髪を維持しましょう。

 

 

スタイリスト 帆足 幸晃

GLAMCODE -グラムコード-

住所
〒812-0884
福岡県福岡市博多区寿町2-4-21

アクセス
JR南福岡駅前 ローソン2件となり
雑餉隈駅から徒歩8分
春日市・大野城市のとなり駅

TEL:0120-430-230

ARCHIVE

NEW