BLOG

グラムコードでは、秋だからこそ気をつけておきたい事!を教えます。

2017/10/15
ロゴ

おはこんにちばんわ!!帆足です!!

 

最近は、10月なのに暑くて気温調節が難しく、日中は汗だくで働いていますが、

今日の雨で一気に気温が下がってくれることを祈りながら日々頑張っていきます!!

 

今日は、秋こそ大事!!!この時期にこそ大事な髪について知っておきたいことをお教えしますよー!!

残暑も油断すべからず!秋の髪はとってもお疲れ気味

夏の強い紫外線や冷房などによるダメージが蓄積したこの時期、髪はとってもお疲れ気味。しかし、まだまだ紫外線などの外的刺激にも油断できません。この時期こそ念入りなヘアケアが重要です。いつものヘアケアを見直して、ダメージをケアする方法へとシフトしましょう。意外と備えておけば簡単にケアできる方法もあります!!知っておいて損はない情報なのでぜひ、知っておいて欲しいです!

 

たんぱく質を補うヘアケア剤を使って

抜け毛や頭皮のベタつきなどが気になるなら、シャンプーやコンディショナーを変えてみましょう。おすすめは、「アミノ酸」など、髪の修復効果がある成分を含んだシャンプー。この時期は、夏に受けたダメージを修復する成分を重視しましょう。

 

ドライヤーの使い方に注意

頭皮に直接熱風を当て続けたり、毛先や髪の表面ばかりを乾かすと、髪のダメージはどんどん進行してしまいます。髪を乾かすときは、必ず髪の内側から風を当てるようにしましょう。

 

オイルトリートメントで髪一本一本を保護

傷んだ髪や日焼け後の髪には、オイルタイプの洗い流さないトリートメントがオススメ。クリームタイプやスプレータイプよりも馴染みやすく、髪一本一本をしっかりコーティングして栄養が髪の外に流れ出るのを防いでくれます。アルガンオイルや椿オイルなどの天然オイルは、人間の皮脂に近い成分を含むので、より高い修復効果が期待できます。

 

髪だけじゃない!頭皮のケアもしっかりと!

ヘアケアの際、私たちはダメージの現れやすい毛先ばかりケアしてしまいがち。ですが、「頭皮ケア」こそ、健康な美髪を取り戻す重要ポイントなのです。紫外線や汗、冷房などによるダメージを知らず知らずの内に受けていた頭皮は、この季節、髪以上にお疲れモードということも。頭皮専用のトリートメントやヘアケア剤を取り入れて、健康な頭皮を取り戻しましょう。

 

秋のヘアケアは“育髪”がポイント!

夏のヘアケアは、潤いを与えたり、刺激から髪を守ることが最重要でした。でも、それももう切り替えどき。秋のヘアケアは“育てる”ことが大切です。夏の間に弱った髪や頭皮を元の状態に戻し、健康な髪を育てる「育髪」を心がけましょう。 シャンプーの後は必ず髪を乾かす、十分な睡眠をとる、ストレスを軽減する、暴飲暴食を避ける…など、健康な髪を育てるために普段の生活習慣を見直してみて。

いかがでしたか?髪は一度傷んでしまうとなかなか元には戻りません。今ある髪をダメージから守り美髪を育てることが、秋のヘアケアの重要なポイントです。

美容室では、それに対応した商品や、ヘッドスパ、トリートメントもございますのでそういった施術でしっかりケアできますよ!!

今日からすぐにでもできることばかりなので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

スタイリスト 帆足 幸晃

GLAMCODE -グラムコード-

住所
〒812-0884
福岡県福岡市博多区寿町2-4-21

アクセス
JR南福岡駅前 ローソン2件となり
雑餉隈駅から徒歩8分
春日市・大野城市のとなり駅

TEL:0120-430-230

ARCHIVE

NEW