BLOG

春・肌だけ!はNG!!髪もUV対策~

2017/03/21
ロゴ

おはこんにちばんわ!!帆足です!!

花粉症がピークに達し、身体、精神面でも、かなりやられちゃって参っていますが、早く花粉の時期が終わってくれるのを祈ってます。笑

 

今日は、紫外線について話したいと思います!!

春になると紫外線を気にしてお肌のUV対策を始める人が多いはず。しかし、髪のUV対策にまで気を使っている人は少ないのではないでしょうか。

肌が紫外線でダメージを受けるように、髪も紫外線でダメージを受けます。

それどころか、肌よりも髪の方がちょっとやっかいなのです。今回は髪を紫外線から守るためのポイントを今日は解説していきます!!!

 

髪にダメージを与える紫外線とは?

主な2種類の紫外線

地球に届く紫外線にはUVAとUVBがあります。やっかいなのはUVAの方です。UVBは表面にしか届きませんが、UVAはガラスも皮膚も髪もどこでも通り抜けてしまいます。そのため、肌や髪の内部に浸透して中からダメージを与えてしまうのです。

紫外線は1月頃から徐々に増えはじめ、8月にピークを迎えます。特にUVAは4月頃になると夏のピーク時に迫る勢いで急激に増えます。そのため、紫外線対策は春からしっかりとしておく必要があるのです。

 

衝撃事実!紫外線のダメージは肌より髪のほうが深刻だった!

紫外線が髪に及ぼす恐ろしい影響とは

髪が紫外線を浴びるとキューティクルの層が破壊されるだけでなく、UVAが髪の内部に入り込んで内部にもダメージを与えます!!

せっかくカラーして綺麗な髪色も、紫外線の影響で内部までダメージを与えるだけでなく、髪色まで抜けて褪せていきます!

また、パーマにも影響し、ダメージの関係でおさまりがよかったパーマも傷んでしまい広がったりと紫外線は何としてでも対策をしなければなりません!!

 

春になったら紫外線対策をしっかりと!

出来るだけ髪へのダメージを少なく!様々な対策をご紹介!

髪が浴びる紫外線の量は、肌が浴びる量の3倍とも5倍ともいわれています。紫外線(特にUVA)は春になると急激に増えてくるため、髪にも早めのUV対策が必要です。

髪のUV対策には、朝のスタイリングの時に、UVカット効果のあるスタイリング剤や洗い流さないトリートメントを使用するのがおすすめです。

UV対策と同時に傷んだ髪の補修もできるので一石二鳥です。

UVAは窓ガラスも通り抜けてしまうので、屋内にいる時もUV対策を忘れないようにしましょう。

 

 

傷んだ髪のケアも忘れずに!

春も自信が持てる髪の毛を!

髪は一度傷んでしまうと自然に元に戻ることはありません。そのため、トリートメントなどで髪をケアする必要があります。特に新年度はパーマをかけたりカラーリングをしたりする機会も多いかと思います。せっかく髪形を変えても髪が傷んでいたら残念!新年度に向けて、早めのケアをしておきましょう。紫外線を浴びると髪がパサつきやすくなるので、シャンプーの後に保湿効果のあるトリートメントやヘアパックを使用するのがおすすめです。トリートメントは毎日行うのが効果的。ダメージが特に気になるようであれば、美容院でのトリートメントで集中ケアをするとよいでしょう。

肌は日焼けすると赤くなったり黒くなったりするため、UV対策をすることが浸透していますが、ダメージが見えにくい髪のUV対策はどうしても忘れがち。髪は一度ダメージを受けるとなかなか元には戻らないので、早めの対策が必要です。春から、肌のUV対策を始めるのと同時に、髪のUV対策も始めましょう。

 

以上UVの説明でした!!当店にも、UV商品多数ございます、気になる方は、スタッフまでお気軽にお尋ねくださいませ!

 

スタイリスト 帆足  幸晃

 

GLAMCODE -グラムコード-

住所
〒812-0884
福岡県福岡市博多区寿町2-4-21

アクセス
JR南福岡駅前 ローソン2件となり
雑餉隈駅から徒歩8分
春日市・大野城市のとなり駅

TEL:0120-430-230

ARCHIVE

NEW