BLOG

身体だけと思ったら大間違い髪も夏バテします!グラムコードで夏バテ解消!

2019/07/18
ロゴ

おはこんばんにちわ!!帆足です!!!

大雨続きで湿気と共に夏の暑さが一気にヒートアップしてきました!

 

今日は、そんな、梅雨明けして、夏真っ盛りな夏に起きる夏の髪に起きる事と
それに対しての大事なポイントについてご紹介したいと思います。
 
日焼け止めに日傘と帽子、これで夏の肌対策はバッチリ!
ここまでは大半の女性にとって、当然の「夏ケア」といったところでしょう。
しかし、日差しの強い夏にケアしておかなければいけないのは、肌だけではありません。
夏の紫外線は髪にもダメージを与えるため、髪の毛もしっかりケアしてあげないと、ダメージが広がってしまうのです。また、紫外線だけでなく、髪に悪影響な要素が夏にはたくさん潜んでいます。
そこで気になる夏のダメージから髪を守るポイントとは?
 
夏の紫外線は髪にもNG
残暑の厳しい季節が到来しましたが、紫外線は肌だけでなく、髪にもかなりのダメージを与えます。
髪を組織するうえで大事な成分がタンパク質ですが、夏の強い紫外線を浴び続けた髪は、タンパク質にゆがみが生じています。そうなると髪の毛の表面のキューティクルがはがれやすくなり、パサつきや枝毛などが発生しやすくなってしまうのです。
対策は何といってもUV対策をしっかり行うこと。UV対策は今からでも遅くありません。
厳しい残暑の中で肌を守るのと同じく、日傘や帽子で紫外線から髪を守ってあげることが大切です。
当然ながら日傘はUVカット仕様のもの、帽子は厚手のものを使用するとよいでしょう。
 
海、プールの後は、特にしっかりヘアケアを
日本全国各地で猛暑続きの今夏。多くの人が海やプールに出かけたことでしょう。
楽しい夏のレジャーですが、海・プールから帰ってきたあとのヘアケアがとても大切になってきます。
潮風に吹かれただけでも髪がゴワつくといった経験は、誰しも一度はありますよね。それもそのはず、海水には塩分、プールの水には塩素が多く含まれており、これら塩分は髪にとっては不純物だからです。
そのため、海水やプールの水にさらされた髪には、いつも以上にしっかりシャンプーをしてあげることが大事です。
ただでさえ、ダメージを受けている髪ですから、シャンプーはなるべく刺激の少ないオーガニックシャンプーやノンシリコンシャンプーなどを使うとよいでしょう。
さらに、洗髪時は地肌をやさしくマッサージするようにすると◎。もちろん、体質によって合わないシャンプーもありますので、自分に合ったシャンプーを選びましょうね!

 
当店には、そんな日焼けして疲労した髪・地肌に合ったシャンプーや、ヘッドスパがございます。
気になる方はぜひ、お尋ねください!!
 
スタイリスト 帆足 幸晃

ARCHIVE

NEW